お知らせ
 参加者を募集しています。


日 時 : 平成23年11月30日(水)13:00〜16:00

場 所
 : アルカディア市ケ谷(東京、私学会館)3F富士の間
        東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
        総武線、地下鉄有楽町線・南北線、都営新宿線「市ケ谷駅」下車徒歩2分


機ゥ董璽 「大学の自己革新を図る教育情報の公表を考える」

供コ催趣旨

 本年4月から教育情報の公表が法律で義務化・努力義務化されました。その意味するところは、大学が負託されている人材育成について、大学での取り組みを外から見えるようにする、分かるようにすることを通じて、志願者、在学生、父兄、国・社会に対して、大学としての役割と責任を明らかにすることにあります。
 公表を通じて、大学の特色化、個性化を高める教育活動とは何か、教育活動での弱みは何かなど、教育上の課題を点検・分析し、その結果を教職員全員が共有化して、組織的な変革や発展的な成長に反映できるようにすることが期待されます。
 そのことからすると、教育情報の公表は社会に対して発信した使命を実現していくために、大学の内部統制システムとして機能していることが必要となります。
 そこで本会議では、大学の社会に対する説明責任を確認する中で、教育改革を推進するための戦略的な教育情報の在り方と職員の立場からの関与の仕方について考察する機会にしたいと考えております。

供ゥ廛蹈哀薀


13:00 開会挨拶  向 殿 政 男 会長(私立大学情報教育協会) 
 
13:05 講 演 「大学の自己革新を図る情報戦略」
自己変革するための意味のある情報とは何かを、大学教育の特徴・課題を踏まえて明らかにします。その上で意識変革を誘発する戦略的情報の抽出と利用に職員はどのように関わればよいかを提言します。
   
講 師: 金 子 元 久 氏(国立大学財務経営センター教授、研究部長)
 
14:15 紹 介 「教育情報の構築体制と国際化に対応した情報戦略」
大学の教育目標や方針に沿って必要となる情報を収集・分析・可視化し、全学的に統合管理する業務機能(IR)の在り方・組織体制について提言します。また、国際化に対応した情報コンテンツを理解した上で、学生確保のための組織体制・ネット戦略の不備を指摘します。
   
講 師: 吉 田 賢 一 氏(株式会社日本総合研究所上席主任研究員)
 
15:25 休 憩
 
15:35 関連情報提供
「未来に立ち向かう人材育成を目指した教育改善モデルの研究」
「24年度情報関係補助金の概算要求とICT加算措置」
「教材・教育方法等のコンテンツの相互利用事業」など
   
説 明:私立大学情報教育協会事務局
 
16:00 閉 会


掘セ臆誕仂


 本協会では、「大学職員情報化研究講習会」にて一般職員を対象とした情報活用能力の開発を目指した事業を7月、11月に別途実施しています。今回の会議は、法人・大学の事務局長、部長、課長の管理職員、教育支援センター部門・FD関連部門・情報センター部門等の管理者の方々を対象とするものです(代理参加は認めません)。
 なお、管理職、部門長の本人参加には、1大学4名までの一般職員の参加が可能です(参加費は本人参加と同様です)。

検セ臆暖


 1名につき9,500円(税込)

后タ醜方法


 申込用紙に大学単位で郵送またはFAXして下さい。参加費もできるだけ大学でまとめ下記宛に振り込み下さい。

  PDF形式 Excel形式

 申込締切       11月28日(月)
 参加費振込期限   11月29日(火)
                                           シジョウキョウ
<振込先> りそな銀行 市ケ谷支店 普通 0054409  名義人: 私情協

此ゥャンセルと返金

 *11月28日までのキャンセル
   振込手数料を差し引いた金額を返金します。
 *11月29日以降のキャンセルと当日欠席
   振込手数料、資料代(送料含む)の実費を差し引いた金額を返金し、資料を郵送します。
   なお、参加費未払いの場合は、資料代・送料を請求させていただきます。

察ヌ笋す腓錣酸茵α付先


  公益社団法人私立大学情報教育協会事務局 
  〒102-0073 東京都千代田区九段北4-1-14 No.1 九段北TLビル4F
  TEL:03-3261-2798 FAX03-3261-5473 E-mail:info@juce.jp