社団法人私立大学情報教育協会
平成17年度第1回心理教育IT活用研究委員会議事概要

機テ時:平成17年7月22日(金)午後3時から午後5時まで
供ゾ貊蝓Щ箴雍┿務局会議室
掘ソ仞兵圈木村委員長、今井(芳)副委員長、中原、今井(久)、大島、中澤、吉田、桐木、
金子各委員、井端事務局長、木田
検ジ‘せ項
  議事に先立ち、本年度より今井久登委員、金子尚弘委員のご参画いただくこととなり、委員各位より自己紹介がなされた。
  次に事務局より、「平成16年度 私立大学教員の授業改善白書」と「教育改革を目指したeラーニングのすすめ」について紹介がなされた。

※「平成16年度 私立大学教員の授業改善白書」について
  本白書は、昨年11月に本協会が実施した、私立大学教員による授業改善に関する調査の回答結果を取りまとめたものである。この調査では、授業を運営する上での現状の問題点、授業改善のための課題、授業でのIT活用状況、授業でITを活用した場合の効果や問題点等、質問内容をITに限定せず、大学教員が授業を運営する際に関わる問題点を広く聴取したものである。
現状の問題点としては、学生の基礎学力の欠落、学習意欲を高める工夫が困難であること、教育に対する組織的支援がないことなどが、多くの教員から指摘された。授業改善のための課題としては、授業シナリオ作成、科目間の実質的な連携、授業に即した教育環境作りなどに多数の回答があった。IT活用状況では、現状ではWeb上にシラバス掲載、現実感覚の創出、レポート・課題提示に活用しているとの回答が多く、2年後には、e-Learningの導入、理解度把握、教員・学生間のコミュニケーションのために使用したいとの回答が多かった。ITを活用した際の効果については、授業に刺激を与えること、学生の学習意欲の向上に繋がることに多数の回答を得た。問題点としては、理解しているようで理解していないこと、ノートを取らないことなどの指摘が多かった。また、ITを活用している教員としていない教員の回答を比較したところ、授業運営について抱える問題点は共通していることが判明した。

※ 「教育改革を目指したeラーニングのすすめ」
本冊子は、大学におけるeラーニングの普及・啓発を目的として、本協会のコンテンツ標準化委員会により作成されたものである。これまで日本で刊行されてきたeラーニングに関する書籍は、必ずしも高等教育に限らず、企業内研修を対象として書かれてきたので、純粋に高等教育のみを対象としたのは、本冊子が日本初と言える。
冊子の具体的な内容を見ると、第一部では、全体的な要点が整理され、第2部では、eラーニングの定義、授業事例、導入レベル別授業モデル、導入に向けた自己点検表が掲載され、第3部では、eラーニングを導入する際の、教員、大学当局それぞれの配慮すべき留意点、教材作成の留意点が掲載されている。

1. 心理学教育におけるコア・カリキュラムについて
  事務局より18年度に発刊を予定している報告書について下記の旨の説明がなされた。

大学では、授業内容が担当教員に一任されており、教員間、科目間の連携による一貫的なカリキュラム設計がなされていない。それを受けて、中教審大学分科会の答申「我が国の高等教育の将来像」においても、各学問分野別のコア・カリキュラムの作成及びコア・カリキュラムの実施状況と大学評価の有機的連動が謳われている。
  そこで、18年度の報告書においては、心理学分野においてもコア・カリキュラムを意識して、学習項目ごとに教育目標を明示して、その到達に向けた効果的なIT活用モデルを提言いただきたい。
  続けて、事務局より医学教育モデル・コア・カリキュラム、ならびに会計学教育IT活用研究委員会、機械工学教育IT活用研究委員会にて検討しているコア・カリキュラム案について説明がなされた。
以上の説明に対して、意見交換したところ、下記の旨の意見があった。

・ 認定心理士資格認定では、必要な習得として(A)心理学概論、(B)心理学研究法、(C)心理学実験・実習が必修とされており、各論(知覚心理学、学習心理学、発達心理学等)は選択科目とされている。これに則り、(A)〜(C)をコアと設定して教育目標を検討するのか、あるいは知覚、学習、発達等各領域別にコア・カリキュラムを検討するのか検討の余地がある。
・ 経済学や法学では、教育の質保証を担保するために、全国共通の検定試験等が実施されているが、果たして心理学がコア・カリキュラムとそれに基づいた共通試験によって、知識の習熟度を測定することに馴染む学問的性質を帯びているのか疑問が残る。
・ 中教審の答申の趣旨を類推すると、学部レベルにおいて、概論的な最低限身に付けるべき知識をコア・カリキュラムとして再構成することを意図しているように思える。それ故に、各論については考慮する必要はないのではないか。例えば以前本委員会で教材データベースを構築するにあたり心理学の学習領域を15 に分類したが、9番以降の項目は除外しても良いのではないか。
・ 9番以降の領域でも、最低限学生に知ったもらいたい学習項目は少なからず存在するし、またこの分類には該当しない文章表現や口頭表現技術なども含める必用があるのではないか。また、進化心理学や脳神経科学など、アメリカではスタンダード化しつつある領域の取り扱いについても検討すべきではないか。
・ ITを活用して授業を支援するという観点から言えば、私情協の調査回答結果にも多く見られように、心理学では実験実習において最も多く用いられていると思う。それ故に、各大学における実験実習でのIT活用方法やシラバスの内容を調査した上で、実験実習のコアなカリキュラムやより効果的なIT活用方法を検討することが現実的ではないか。最初から、心理学教育全体のコア・カリキュラムについて検討すると、却って議論が発散してしまうのではないか。
・ e-Learning教材と実験用の教材では性質が異なるので、果たしてそれらの教材とコア・カリキュラムがうまく対応できるのかも検討すべきである。

 以上を踏まえ、次回委員会では委員各位の専門領域に従い、学生が最低限身に付けるべき学習項目をリストアップいただくこととした。

1 .感覚と知覚、2.記憶、3.学習、4.思考と言語、5.情緒と動機、6.発達、7.知能、8.性格、9.臨床社会学、10.社会心理学、11.教育心理学、12.犯罪心理学、13.産業心理学、14.心理統計・研究法、15.心理学史