社団法人私立大学情報教育協会

平成20年度第2回CCC芸術系グループ議事概要

機テ  時: 平成20年10月8日(水)午前10時〜正午

供ゾ譟 ―蝓Аー卉痛/融篶大学情報教育協会事務局会議室

掘ソ 席 者: 宮田委員(ネット参加)、井澤委員(ネット参加)、有馬委員、
          久原委員、西垣委員
           井端事務局長、事務局山野上

検ジ‘せ項:

1.美術・デザイン教育における学士力の内容の精査について

 前回委員会で仮決定した学士力案について、サイバーFD研究者に意見を求めた結果が事務局より提示された。それに基づき、意見交換を行いながら学士力案の修正を行った。

 主な意見は次の通りであった。

検討を行った結果、美術・デザイン系の学士力として次の通り決定した。

社会、歴史、科学などの観点から芸術を理解できる。
感受性に富み、創作を通じて独創的な表現ができる。
芸術系分野における専門の理論と技術を統合し、社会の中で活用できる。

2.今後の予定

 取りまとめた学士力案は、他の分野のものと合わせて11月に文部科学省に提出することとしている旨、事務局長より説明があった。今後は到達度評価等をどのように行うかという課題もあり、引き続き検討を続けていくこととなった。