サイバー・キャンパス・コンソーシアム

平成20年度 第4回統計学グループ運営委員会 議事概要

機テ時 平成20年10月22日(水)18:00〜21:00

  場所 私立大学情報教育協会事務局

供ソ仞兵

   高橋委員、中西委員、今泉委員、渡辺委員  (事務局 井端、平田)

掘ジ‘せ項

1.統計学の学士力のまとめ

サイバーFD研究者から送られた意見を参考に、前回委員会で作成した統計学の学士力について見直しし、修正した結果、下記の通り確定した。

統計学の学士力
(1)社会における統計データの重要性を理解でき、それから導かれた結果を客観的に評価できる。
(2)データを統計的に整理し、表やグラフを用いてデータの特徴を説明できる。
(3)統計的な調査や実験の仕組みを理解し、母集団の特徴を表現できる。
(4)因果関係を検証するために統計的手法を活用できる。
(5)統計的な考え方・技能を活用して、実際上の問題に取り組むことができる。

2.今後の委員会スケジュール

今後の委員会は、今回まとめた学士力をさらに詳細にすることにし、他分野とも共通する能力(文章能力、情報活用能力など)や、質保証としての学力測定方法を加えて、来年度中に完成させることを確認した。

その準備として、次回委員会は今年度中にあと1回開催することとし、1月〜3月の間で日程調整することとした。