令和3年度 私情協 教育イノベーション大会
オンライン開催
発表者募集要項

 
 
 
PDF版はこちら
 

 本発表は、教育でのICT活用やその支援のあり方、環境構築について、日頃の取組みや考えを発表いただき、会場での参加者との意見交換を通じて、教育イノベーションに役立てていただくことを目的として開催します。発表は「令和3年度 私情協 教育イノベーション大会」(9月6日〜8日の3日間開催)の3日目に行います。

 
発表日と会場
 令和3年9月8日(水)
 Zoomによるオンライン開催
 主 催: 公益社団法人 私立大学情報教育協会
 後 援: 文部科学省(予定)
 
発表内容

  遠隔授業(リアルタイム型、オンデマンド型、ハイブリッド型など)、アクティブ・ラーニング(能動的学修)※1、双方向型授業、反転授業、PBL※2、TBL※3、教室外の事前・事後学修※4、協調・協働学修、モバイル・ラーニング、教育効果の測定と評価など、ICT活用及びその支援の事例、構想段階・実験段階も含みます。また、個人・グループの取組み、大学・学部・学科などの組織的取組みも含みます。

 

※参考として、昨年度の大会発表内容は本協会の「教育事例等コンテンツのオンデマンド配信」よりご覧下さい。
 オンデマンド配信は法人単位での申込みが必要で有料となります。
 詳しくは こちら をご覧下さい。

 
※1 従来のような知識の伝達・注入を中心とした授業から、教員と学生が意思疎通を図りつつ、一緒になって切磋琢磨し、相互に刺激を与えながら知的に成長する場を創り、学生が主体的に問題を発見し解を見いだしていく学修。
※2 問題発見・問題解決型学修。
※3 チーム基盤型学修。
※4 学生に授業のための事前準備(資料の下調べや読書、思考、学生同士のディスカッション、他の専門家等とのコミュニケーション等)、授業の受講(教員の直接指導、その中での教員と学生、学生同士の対話や意思疎通)や事後の展開(授業内容の確認や理解の深化のための探究等)を促す教育上の工夫、インターンシップやサービス・ラーニング。
 
発表時間
 1件20分(発表15分、 質疑・入れ替え5分)
 
発表資格
 発表代表者は、大学・短期大学の教職員とします。(同一の発表者による複数応募はご遠慮下さい)
 
発表者の参加費
  10,000円(税込)※加盟・非加盟校とも同額です。
(発表者は9月6日〜8日の全プログラムに上記10,000円で参加いただけます)
※発表者には、発表証明書を発行いたします。
 
発表方法
次の何れかを選択いただきます。(発表者確定後に個別確認を予定)
(1) Zoomによる発表・質疑応答
(2) 事前に発表ビデオを作成して本協会に提出し、当日Zoomで配信・質疑応答
 
申込方法と締切
 Webから申込み下さい。

「発表申込みへ」ボタンを押し、画面表示に従って入力後、送信下さい。

※申込み内容に関する個人情報取り扱いについては、こちらをご覧下さい。
 
申込締切 令和3年7月20日(火)必着
 
発表者の確定
 大会運営委員会で審査の上、7月下旬に通知します。発表概要が不明瞭、または発表内容が大会の主旨に沿わないと判断された場合は、発表をお断りする場合があります。
 
発表用抄録(配布資料掲載用レジュメ)の提出
 発表確定後に提出いただきます。
 分量:A4判2枚 締切:8月16日 (月)厳守
 
発表までのスケジュール
発表申込締切 7月20日(火)
発表確定通知 7月下旬
発表用抄録提出 8月16日 (月)
大会発表

9月 8日(水)

 
■「本大会発表」と「ICT利用による教育改善研究発表会」の発表募集について

  本協会では、ICTを利用した教育改善に関する発表を「ICT利用による教育改善研究発表会」と「私情協 教育イノベーション大会」の両方で募集しますので、発表内容、レフリーの有無など下表をご覧の上、応募下さい。

 
 
私情協 教育イノベーション大会
ICT利用による教育改善研究発表会
開催日 令和3年9月8日(水) 令和3年8月25日(水)
配信会場 Zoom会議室 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
応募者および発表者 大学・短期大学の教職員 大学・短期大学の教員
発表内容 ・ICT利用による教育改善の取組みや学修支援の取組みなど
・計画・試行段階も可能
・ICT利用による効果的な授業改善
・教育の改善成果
・計画・試行段階は不可
レフリーの有無 無し 有り
授賞の有無 無し 有り
 
※ICT利用による教育改善研究発表会への発表申込は こちら よりお願いします。
 
問い合わせ
 公益社団法人 私立大学情報教育協会 事務局
 〒102-0073 千代田区九段北4-1-14 九段北TLビル4F
 TEL:03-3261-2798